2004年03月08日

イノセンス

★★★★ サイボーグと人間とロボットが共存する近未来のサスペンスアクションCGアニメ。
 う〜ん、なんとも哲学的な作品だな〜。 だけど作品の骨格そのものはそれほど難解じゃないと僕は思う。 だから楽しめた。
 難解なのはマトリックス。 観終わって消化不良感がないのはイノセンス。 面白くない冗談でも笑ってくれそうなロボットはアンドリュー、つまらない冗談を笑い飛ばしてくれるのはジョニー5、つまらないジョークじゃ冷たい目で相手にもしてくれなさそうなのはイノセンス、悪い冗談だと殺されてしまうのはT1000
 切ないイノセンス。 イノセンスよりもっと切ないのはブレードランナー。 だけど、イノセンスを実写版で作ったらブレードランナーよりもっと切ない作品になるのかも。 それにしても日本のアニメはすごいな〜。
 2004年3月7日チネチッタ。 イノセンス
posted by これたろう at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63830

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。