2004年02月08日

ニューオーリンズ・トライアル

★★★★ 昨日はしごした映画をもう一本。 これまたいいよ〜。
 リストラされた男が銃を乱射して自殺。 当然ながら罪の無い人たちが犠牲となり、未亡人となった女性が弁護士ダスティン・ホフマンと協力して銃メーカーを起訴するんだなー。 才人ダスティン・ホフマンの勝利と思いきや、これがどっこい、銃メーカー側には更に上手のジーン・ハックマンがついている。 強敵だよ(スーパーマンの時のレックス・ルーサーよりもっと手ごわい)。 鼻以外はダスティンより遥かにデカイし。
 ホフマンvsハックマンと思いきや、なんとなんとここに謎の男と女ジョン・キューザックとレイチェル・ワイズが絡んでくる。 こりょもうハラハラドキドキ、法律用語やアメリカの裁判制度なんかちっとも知らない僕もワクワクしながら楽しめたぞ。
 一体誰が勝利するのか! 銃メーカーに勝って欲しくないけども、何といっても銃野放しのハリウッド映画だからな〜。 観てない人のために結果は書きません。 ま、結果だけでなく途中のアラアラ、一体どーするのヨ感がとてもいいんだけどね。 2004年2月7日チネチッタ。 ニューオーリンズ・トライアル
posted by これたろう at 14:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 by ジョン・キューザック
Excerpt: マイケルジャクソンの陪審裁判無罪判決を聞いて最初に思い出した映画。 日本でも導入
Weblog: 東京右往左往
Tracked: 2005-06-21 00:16

ニューオーリンズ・トライアル
Excerpt: ニューオーリンズ・トライアル★★★★★ 最高に面白かった(*^^)v
Weblog: 女ざかり映画日記
Tracked: 2005-08-06 23:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。