2006年05月01日

バイオハザード

★★★★★ いや〜、期待以上に楽しめました。
 ゾンビものが嫌いで、テレビゲームが嫌いで(今はテレビゲームって言わないのかな?)、本作の原作はゲームということで、きっとたいしたストーリでも無く、獣(ゾンビ)が次から次に出てくるだけで、それをヒロインがバッタバッタとやっつけるだけの作品と思い、見る気もなかったのですが、象のロケットさんで★5つ付いてることだし、まぁっ観てみよか、て感じで観たのですが、何と何と、かなり面白かった。

 確かにゾンビのようなアンデッド(どう見てもやはりゾンビだな)が襲いかかり、それをやっつけながら逃げるという大筋なのですが、プロローグからのストーリーの面白いこと、突然研究所員はガスで殺され、ヒロインのミラ・ジョヴォヴィッチは記憶のない中で、突然突入してきた隊員たちに捉えられ…。 メインコンピュータの行動、極秘裏に開発されたT-ウィルスとは…。 これだけストーリーが面白いから、だからこのゲーム、大ヒットしたんだろうな。

ゾンビもゲームも嫌いだけど、バイオハザード2も借りよっと…。

2006年5月1日 宅配DVDレンタル バイオハザード
posted by これたろう at 20:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

バイオハザード
Excerpt: 巨大企業アンブレラ社が地下深くに作り上げた超近代的秘密研究所。 開発中のウィルスが何者かの手によって空気中に漏洩、メインコンピューターは汚染が地上に拡大するのを防ぐ為に研究所を封鎖する…。 SFサバイ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2008-08-15 13:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。