2009年06月28日

『ターミネーター4』を観た感想。

★★★★ 改めてジェームズ・キャメロン(ターミネーター1と2の監督と脚本。)の偉大さを感じるな〜。

映画の面白さって、その作品の内容に引き込まれるか否か。 グイグイッと引き込まれれば(つまり感情移入していけば)、泣ける場面でしっかり泣けるし、笑える場面では大爆笑できる。

この歳になると、引き込まれるか否かの大きな要素が、ストーリー。 決してCGを駆使したド迫力映像ではない。

1、2と比較すると、3と4は遥かに落ちる。 3と4を比較すると本作4の方が、映画としては上出来(1と2の印象がなければ5つ星にしてもいいくらい)。 しかし、シュワルツェネッガーが主役でないことを考えると、3と4は私としては同じレベル。

1と2はTVで再放送されるたびについつい観てしまうが、3と4は2回観たいとは思わない。

本作4で一番印象に残っているシーンは、ほんの一瞬登場したシュワルツェネッガーのCG合成アクション映像であった。

5作目を作るとすれば、ぜひともキャメロン監督にお願いしたい。 そして、とにかくストーリーに金をかけてほしい。

2009年6月19日 劇場にて
posted by これたろう at 16:57| Comment(0) | TrackBack(22) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。